2016年08月31日

どまつりファイナルステージに♪11年目の快挙(*^_^*)

image1.JPG

先週末に、今年のにっぽんど真ん中まつりが行われました。
顧問をしている「中京大学晴地舞」も11年目の作品「天晴れ」をひっさげと参加

昨年は、創設10年目でプレッシャーのなか、なんとなく大作ねらいすぎで受賞なし。
今年は、好きにやっていいよと、ほとんど関与しませんでした。

image3.JPG

image2.JPG

作品は、豊田おいでん祭りをテーマにしたワイワイ作品。
焼きそば・わたあめ・金魚すくいという子供向け、一般向けの分かりやすい作品となっていました。
この幼稚ともいえるテーマを、学生が一生懸命踊るところに面白さがあるのかもしれません。
ともかく、わかりやすい。小学生が笑ってくれる作品(*^_^*)

ま、それもありかと思ってましたが、、、
なんと、悲願のファイナル進出!



セミファイナルを通り越して、いきなりのファイナル
しかも、パレード審査の前には、北海道でソーラン大賞を受賞した強豪チームが踊っている。
それを上回ってのグループ1位でした。

ファイナルでは12チーム中で6位以下の成績でしたが、ともかく悲願のファイナル進出。
今年、ほんとにいいことが続きます(*^_^*)

IMG_2694.JPG

若い先生が、PAを上手にセットしてくれ音響もパワーアップ。しかも公道での車の運転をやってくれたので、私は、初日は地方車の上からの撮影、二日目はパレードの運転手。負担が楽になりました(*^_^*)
posted by katoharu at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

今年も名古屋よさこい祭りのシーズンが(^^ゞ

毎年、8月末の1週間は、名古屋のよさこい祭りである
「にっぽんど真ん中祭り」に明け暮れます。
地方車制作と運転

土曜日にトラックをレンタルしてきて、月曜日から作業開始・・・
二日目の今日は、配線以外はほぼつくりあげました。
明日、スピーカー系の配線と雨対策などをしてできあがり。

それにしても、もう3年目の子もいて、制作工事もだいぶ慣れています。
指示すれば大抵のことは自分達でできてしまう。
ここらあたりが、学生の基礎学力というか、学習能力の高さかもしれません。

今週の土曜日・日曜日に向けて、毎年のように、夏バテすることはない気合いの夏なのです。
職員たちからは、「先生そろそろ後継者を・・・」と毎回言われていますが・・・・
11年間、学生は毎年代わるが、私は代わらない・・・。う〜ん。

image1.JPG

image2.JPG

IMG_2565.JPG
※ちょうちんを付けたりと、もう少し化粧することになります(*^_^*)


posted by katoharu at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月21日

豊田ふれあいエイサーまつり37th

豊田にエイサー祭りがあることは今年初めて知った♪
まさか豊田で!
豊田市役所の企画の職員でも知らなかったのだから、私が知らないのもさもありなん。
確かに、沖縄の方々は、最近は、関西・関東ではなく、工場の多い東海圏にたくさん来ている。

そんなわけで、1度見たいと思っていたので、忙しい畑仕事と原稿執筆の合間を縫って、豊田スタジアムに。
image1.JPG
雰囲気は、もうそこだけ沖縄(*^_^*)
飲食ブースもたくさん出ていて、それなりの賑わいでした。
これを企画実施している人たちは凄いと思う。
東海のエイサー協議会があり、そうした沖縄芸能系の団体で実行委員会をやっているらしい。
10月には、名古屋市内でもやるとか。

image3.JPG

昨年は、沖縄で最も有名なロックバンドの、きいやま商店が来たらしいけど、、、
今年は、なんと、川畑アキラ!
与論島出身のアーティストで、元コブラツイスト。・・・というか、奄美のアーティストということで知っていて、2月の与論島行きで一気に気に入ったアーティストなのです。
「黒いダイヤの涙」「蘇る人々」は絶品♪
3月に沖永良部島で、フラワージョギング大会でも前夜祭でライブをやっていて偶然みたのでした。

そんな、川畑アキラさんが豊田に来ているとは!
image2.JPG
CDを4枚買ったので、サインしてもらい、少しお話ししました。
9月に与論島に行くと言ったら、その時、島でライブをしているらしい・・・。しめしめ。

そんなわけで、2時間ほど、浮き世を忘れてまったり楽しんだ夏の夕暮れ♪
IMG_2547.JPG
posted by katoharu at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする