2017年10月20日

2017夏の思い出:9月の沖縄♫

9月に沖縄に行ってきました♫
4月にも行ったのですが、今回は、視察仕事と自分の音楽メディア研究を加えての短期出張。
慌ただしく2泊だけでした。

3週間沖縄のラジオ局でインターンをしていた学生と合流して、ひさしぶりに民謡酒場に。
ネーネーズを久しぶりに聴いた☺️

あとは音楽の町、沖縄市コザで資料集め。
そして、エフエムラジオ局にあいさつ。時間つぶしに、世界遺産のグスクにも。

音楽とメディアのことを研究テーマにもしているので、年1〜2度は通っている沖縄。

S__16072715.jpg

S__16072716.jpg
※久しぶりの生ネーネーズ

S__16072714.jpg

S__16072713.jpg

S__16072711.jpg

S__16072710.jpg

S__16072706.jpg
※グスクの門
S__16072708.jpg
※台湾からのブライダル写真ツアーに2組
posted by katoharu at 11:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017の夏やさい〜スイカにがんばった♫

今年の夏野菜ももう終わり
最後の、ナス・ピーマンが残るだけです。
キュウリは、保温シートをかけてもさすがに枯れてしまいました。

スイカは、5月、7月と2度栽培
キュウリも同様。キュウリはスイカ用のトンネルに網をかけて、横ひろがりにしたら、これが正解。
台風にも強いつくりかたを発見した次第。

それにしても、スイカの受粉、そして病気対策は難しい。
玉が育ってきたら、病気を警戒して近づかない、手に触らないくらいがよいのかもしれない☺️

S__16056338.jpg

S__16056339.jpg

S__16056336.jpg
これは、秋の収穫。黄金うりも2度めの栽培で7月に種から植えたもの。
posted by katoharu at 11:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

ペット連れの初旅行♫

ワイフとペットのわんちゃと一緒に旅行をしてきました♫
娘の結婚相手のご実家への挨拶も兼ねた旅行。

ペットの仁ちゃんを連れで泊まれる宿を探したら、ちょうど近くにロッジを発見。
少し高めでしたが、ありがたいとばかりに予約。

車で高速を走り始めた時には、かなり興奮していましたが、帰りころには、慣れてワイフの膝の上で寝ていました。ペット連れですから、レストランはアウト。高速のパーキングの野外売店で昼を食べながら、無事帰ってきた次第。
さながら、「仁ちゃんの大冒険」という感じでしょうか(笑)

わんちゃんは、帰ってほっとした様子でした☺️

S__12501010.jpg
※蔵のある立派なご実家
S__12501036.jpg
※こんなロッジ(愛和の森ホテル)・・・インドの石で出来た共同お風呂があり最高でした♫
S__12566532.jpg
※日曜日は快晴
S__12566530.jpg
※産直野菜市場で
S__12566533.jpg
※山羊をこわがるわんちゃん
.

posted by katoharu at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

4月にはもうひとつ大きなイベントが、、、

●下の娘の結婚式♫

ついに下の娘も嫁いでいきました。
若い二人らしいいい結婚式やった☺️

これで娘ふたりが家を出て行き・・・
夫婦ふたりぐらいのスタートでもあります。
人生のひとつの節目♫

IMG_4952.JPG

.
posted by katoharu at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『奄美文化の近現代史〜生成・発展の地域メディア学〜』

■3月に奄美研究のまとめ本『奄美文化の近現代史』を出しました。

FullSizeRender.jpg

※奄美研究のメディア関連だけを、とりあえずまとめてみました。
地域メディア論を革新するという強い思いだけはあったのですが、、、達成したのかしないのか。。。
強い思いだけは表明しました。
奄美の次の世代の若い人達へ、そして若い研究者へのメッセージの本です。

奄美の新聞で紹介されました。
南海日日/本の紹介369.pdf
.
あちこちに謹呈しました。
・奄美の人達にはとても感謝されました。
・地域研究やフィールド研究の方々にはとても好評
・メディア研究者からは、、、あまり反応なし(笑)

・フィールドをしっかりやったことのない研究者にはわからない本かなとは思います。
.
posted by katoharu at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする